ペット対応物件 ペットトラブル 予防 サポート サービス 「 WANサポート 」
 


ペット対応物件におけるペット専任担当者の必要性

現在まで当店ではペット可賃貸物件から高級分譲ペット可マンションまで、
各種様々なお客様や居住者の方々と意見交換をさせて頂いてきました。
結果、一番の問題点は飼育者の「飼育モラル」の欠如であり認識不足が大きい問題点である事がわかりました。
しかし飼育ルールを徹底した提案でも問題解決には至らず、
後に大きな課題を残す事もしばしばあります。
どの地域であれ、賃貸・分譲に関わらずペット対応物件には、今後も切り離せない問題であると考えております。

その様な起こり得る事態の打開策として当店がご提案しますのは、当該施設における「専任担当者」と
問題解決に結び付ける「サービスの提供」だと考えております。
当該施設に設備よりも必要なのは、ペットに関する知識と技術をしっかり身に付けた専任担当者の存在です。
その存在を居住者の方々全員にPRする事により、飼育者に関しては当該ペットの問題点解決が安易に、
また非飼育者にとっても専門家の存在で日頃のペットに関する問題意識を早めに専任担当者に伝えられるなど、
問題の早期発見と対処、解決が出来うるのです。

近年では、ペット対応マンションにおきましても単なる受付ではなく、居住者に安心感とサービスの充実の配慮、
また防犯面等も含め「フロント」や「コンシェルジュ」の配置が進んでおります。
しかし残念ながらペット対応物件にペットの知識を持つ方がいらっしゃらない為、苦情や相談など当該物件で
発生した問題が先送り判断になり居住者同士のトラブルは後を絶ちません。
この様な問題も含め対処対応して行く事が、今後のペット対応物件における居住者向けサービスの
差別化と向上に必要だと推察いたします。


ペット対応物件を販売・管理・運営する方に必要とされるペット意識

マンションの販売・管理・運営される場合は、当然の事ながら不動産に関する販売や取引の資格を

お持ちのご担当者様が行う事と存じます。
ペット対応という特化した物件では、別途ペットの習性や飼育ルールの設定、特に犬については「しつけ」の

度合いなどを含めチェックをする事が後々のトラブルを回避する最善策であることは言うまでもありません。

当店が運営するWANインストラクターズスクールでは当店担当者のみに限定せず、ペット対応物件の

販売・管理・運営をされる社員の方達やペット対応物件を設計される建築士の方達向けに、ペットの知識や習性、
各種問題点の対処対応方法など「ペット対応物件」に特化した指導を重点的に行います。

担当者・社員教育の一環として通常の専門学校以上の充実した授業内容と、現在第一線で活躍中の
実践経験豊富な各種講師を迎え、短期(2ヶ月)15講座でご提案申し上げております。
御社のスキルアップに向けた取り組みに、ご利用いただければ幸いです。


WANインストラクターズスクールに関しましてはこちらのサイトをご覧下さい